本日は開館しております(10:00-18:00)

カーラ・リッピー、火 2010、シリーズ「生贄」2009-2019 © Carla Rippey, Prix Pictet

※新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、入場制限などを実施します。ご来館のお客様は、必ずこちらをご確認ください。
B1F 展示室

プリピクテ

東京展「FIRE / 火」

2021.11.202022.1.23

  • 開催期間:2021年11月20日2022年1月23日
  • 休館日:毎週月曜日(月曜日が祝休日の場合は開館し、翌平日休館)、年末年始(12/28-1/4、ただし1/2、1/3は臨時開館)
  • 料金:無料

国際写真賞プリピクテは、2008年にピクテグループによって創設され、世界の最も権威ある写真賞の一つとして知られています。プリピクテは約18ヶ月のサイクルで毎回一つのテーマを設け、サステナビリティに関する議論や対話を引き出すことを目的としています。第9回目のテーマは「Fire/火」です。この展覧会では今年の7月にアルル国際写真祭で発表された13名のショートリスト作家による作品を展示いたします。 なお、受賞者の発表は、本展覧会期中の12月15日にイギリスのヴィクトリア・アンド・アルバート美術館で開催される「FIRE / 火」展のオープニングで行われます。

展示作家|
ジョアナ・ハッジトマス&ハリール・ジョレイジュ|Joana Hadjithomas and Khalil Joreige (レバノン)
川内倫子|Rinko Kawauchi (日本)
サリー・マン|Sally Mann (アメリカ)
クリスチャン・マークレー|Christian Marclay (アメリカ/ スイス)
ファブリス モンテイロ|Fabrice Monteiro (ベルギー/ベナン)
リサ・オッペンハイム|Lisa Oppenheim (アメリカ)
マク・レミッサ|Mak Remissa (カンボジア)
カーラ・リッピー|Carla Rippey (メキシコ)
マーク・ラウェーデル|Mark Ruwedel (アメリカ)
ブレント・スタートン|Brent Stirton (南アフリカ)
デヴィッド・ウゾチュクゥ|David Uzochukwu (オーストリア/ナイジェリア)
横田大輔|Daisuke Yokota (日本)

■プリピクテについて

2008年にスイスのPictetグループによって創設されたプリピクテは、昨今の最も緊迫した社会問題・環境問題に寄与する優れた写真家たちの作品を展示し、世界的に高い評価を受けてきました。これまでの8名の最優秀賞受賞者は、ベノー・アキン(テーマ:Water<水>)、ナダフ・カンダー(Earth<地球>)、ミッチ・エプスタイン(Growth<成長>)、ルック・ドラエ(Power<権力>)、マイケル・シュミット(Consumption<消費>)、ヴァレリー・ベラン(Disorder<混乱>)リチャード・モス(Space<空間、宇宙>)ジョアナ・ショウマリ(Hope<希望>)です。
Prix Pictet 公式ホームページ

第9回プリピクテ審査員:
サー・デヴィッド・キング|Sir David King 審査委員長(ケンブリッジ大学・気候修復センター設立時会長)
ダンカン・フォーブス|Duncan Forbes(V&A 美術館写真部門ディレクター)
エマ・ボウケット|Emma Bowkett(FT Weekend Magazine フォトディレクター)
ハーミニア・イバラ|Professor Herminia Ibarra(ロンドンビジネススクール 組織行動学チャールズハンディー教授)
ジェフ・ローザンハイム|Jeff Rosenheim(メトロポリタン美術館Joyce Frank 写真部門キュレーター)
ジョアナ・ショウマリ|Joana Choumali(プリピクテ『HOPE』 (2019年)受賞者)
フィリップ ベルセラット|Philippe Bertherat(ジュネーブ現代美術館館長) 
シャヒラ・ファーミイ|Shahira Fahmy(シャヒラ・ファーミイ・アーキテクツ代表)

[お問合わせ]
プリピクテ事務局
メール  prixpictet@candlestar.co.uk

※事業は諸般の事情により変更することがございます。 あらかじめご了承ください。

主催:プリピクテ

展覧会図録

Fire- Prix Pictet
プリピクテ「FIRE / 火」公式カタログ。 体裁:320x250mm、136ページ 価格:6,600円(税込) 出版社:teNeues Publishing ©︎プリピクテ

図録一覧はこちら