TOP MUSEUM
東京都写真美術館 TOKYO PHOTOGRAPHIC ART MUSEUM

開館時間 10:00-18:00

入館は閉館時間の30分前まで

上映は1Fの上映時間を参照

本日は開館しております(10:00-18:00)

本日は開館しております(10:00-18:00)

日本語

石元泰博 <桂>より《中書院東庭から楽器の間ごしに新御殿を望む》1953年 東京都写真美術館蔵
3F

建築 × 写真(仮称)

2018.11.102019.1.27

  • 開催期間:2018年11月10日2019年1月27日
  • 休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は開館し、翌平日休館)
  • 料金:一般 600(480)円/学生 500(400)円/中高生・65歳以上 400(320)円 ※ ( )は20名以上団体、当館の映画鑑賞券ご提示者、各種カード会員割引(ご利用案内をご参照ください)/ 小学生以下および都内在住・在学の中学生、障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料/第3水曜日は65歳以上無料/当館年間パスポートご提示者無料(同伴の方1名様まで無料)

写真が発明された当初から、建築と写真との関係は強い。ジョセフ・ニセフォール・ニエプスによって1927年(1926年という説もある)に初めて撮影された写真は、窓の外を写る建物の一角であった。初期の写真技術では人や動物といった動くものは、撮影むきではなかったが、動かない建物は格好の被写体となる。また当時は都市開発が進み、その変貌が著しい時期であり、過去の建築などを記録するために、写真という新しい技術が盛んに使用されるのである。
しかし現在は「建築写真」というと、一般的に構造物そのものの記録性や意匠が重視され、撮影した写真家の作家性が問われることは多くはない。しかし、写真家が建築の本質と立ち向かい、独自の視点によって建築の隠れた魅力を認識させる写真も多数存在している。本展覧会は、写真家の眼を通して生み出された建築写真の多彩な表現を紹介する。

主な展示構成(予定)
1)×建築物
渡辺義雄(1907-2000年) × 伊勢神宮
石元泰博(1921-2012年) × 桂離宮 
宮本隆司(1947年-)    × 九龍城砦
二川幸夫 (1932-2013年)   × 日本の民家 ほか

2)×建築家
村井修 (1928-2016年)× 丹下健三(1913-2005年)
瀧本幹也(1974年-)       ×  ル・コルビュジエ(1887-1965年)
柴田敏雄(1949年-)   ×  ローラン・ネイ(1964年-) ほか