TOP MUSEUM
東京都写真美術館 TOKYO PHOTOGRAPHIC ART MUSEUM

日本語

下岡蓮杖《(相撲)》1868-71年頃 鶏卵紙 東京都写真美術館蔵

※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、本展覧会は開催休止しておりましたが、会期を変更して開催いたします。
3F

日本初期写真史 関東編

幕末明治を撮る

2020.12.12021.1.24

  • 開催期間:2020年12月1日2021年1月24日
  • 休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は開館し、翌平日休館)、年末年始
  • 料金:一般 700円ほか ※ 小学生以下および都内在住・在学の中学生、障害手帳をお持ちの方とその介護者は無料/当館年間パスポートご提示者無料(同伴の方1名様まで無料)※各種割引の併用はできません。

日本における写真文化のセンター的役割を担う東京都写真美術館では、毎春、初期写真に焦点を当てる展示を行っています。本展覧会は、高橋則英氏(日本大学藝術学部写真学科教授)の監修のもと、幕末明治期における関東地方の写真文化をひもとく展覧会です。 本展は三章構成とし、一章では、欧州で発祥した写真が日本において普及するまでの歴史と、当時の写真技術を紹介します。二章では、関東地方を訪れた写真家や写真技術者の活躍を展覧し、さらに一都六県で開業した写真家たちも紹介します。最終章では、ペリー来航時に同行した写真家エリファレット・ブラウン・ジュニアが日本各地で撮影した肖像写真から、建設中の東京駅まで、激動の関東地方の様子を、バラエティに富んだ初期写真で見渡します。 本展は、日本写真の起源に深く関わる関東の初期写真群を一堂に会し、その積層する写真文化を俯瞰する貴重な機会です。



制作者不明《(東京向島)》明治中期 鶏卵紙に手彩色 東京都写真美術館

 
宮内幸太郎 《中央停車場建築》1911(明治44)年 ゼラチン・シルバー・プリント 横須賀市自然・人文博物館


各章解説

第一章 初期写真抄史
写真発明の起点は、18世紀末に遡ります。フランスで発明されたダゲレオタイプは肖像や風景の記録に用いられ、欧米の人々を魅了しました。イングランドで発明されたカロタイプは、一度に撮影で何枚も同じ写真を得ることができる画期的な技術の発明でした。1870年代末からはゼラチン乾板の普及によって瞬間撮影も可能になります。
日本では、天保14(1843)年に長崎で写真器材一式の輸入が試みられましたが失敗に終わり、5年後の再挑戦でようやく成功。薩摩藩によって写真技術の研究が進められ、川本幸民の『遠西奇器述』に「直写影鏡ダゲウロテーピー」として紹介されています。欧米各国と条約を締結した日本は次々と使節団を派遣し、彼らは現地で撮影した肖像写真を江戸へ持ち帰り、写真の普及に貢献しました。 開港した横浜には日本初の写真館が登場し、ここで写真術を取得した鵜飼玉川が日本人初の写真家として江戸で開業します。文久2(1862)年には横浜で下岡蓮杖が、長崎で上野彦馬がそれぞれ開業しました。彼らはコロディオン湿板方式を用い、アンブロタイプや鶏卵紙のプリントを作りました。そして、彼らを師とする第二世代が慶応~明治初年に開業し、更に弟子を輩出するかたちで写真文化が日本に定着していきます。
※題不詳のものは便宜上の名称を与え、( )で示しました。




 
《アメリカン・ダゲレオタイプカメラ(ルイス・タイプ)》1850年代初頭 ガラス、鉄、真鍮、木 東京都写真美術館

 
ハーベイ・ロバート・マークス《慎兵衛(清太郎)像》 1851-52年頃 ダゲレオタイプ 川崎市市民ミュージアム

 
アンドレ=アドルフ=ウジェーヌ・ディスデリ《(8分割した画面でとらえた少年像)》1864(元治元)年頃 鶏卵紙 東京都写真美術館

 
ナダール《第二回遣欧使節 副使 河津祐邦》 1864(元治元)年 鶏卵紙 東京都写真美術館


第二章 関東の写真家
東京都と関東一円を起点として日本の写真文化は普及していきます。  文久3(1863)年にはフェリーチェ・ベアトが訪日し、外国人居留地があった神奈川県の横浜で、日本の風俗を紹介する手彩色の写真を加えたアルバムを制作しました。ベアトの元で研鑽したのが、日下部金兵衛です。彼らの作例をはじめ、手彩色によるカラー写真は明治期の重要な技術でした。
また、明治になると、化学者レオン・ボエルによる横須賀製鉄所の作例が生まれたり、東京では浅草や銀座などの繁華街に写真館がオープンしたりと、さまざまに写真が制作されていきました。埼玉の熊谷、茨城の水戸、栃木の日光市、千葉の千葉市に、それぞれ明治初年に写真館が誕生し、群馬でも明治10(1877)年に富岡で写真館が開業しました。  写真家だけでなく、さまざまな人々が写真文化と交わり、変わりゆく時代の姿を大切に残しました。


 
日下部金兵衛《(花売り)》 明治中期(1882-97)頃 鶏卵紙に手彩色 日本大学藝術学部

 
江崎礼二《江崎写真館》 明治中期(1882-97)頃 鶏卵紙に手彩色 東京都写真美術館


第三章 初期写真に見る関東
江戸が東京になっても、民衆の暮らしは大きく変わることはなく、日本家屋に住み、和服で生活をしていました。欧米の人々は日本のめずらしい風習・風俗やエキゾチックな風景に強い興味を抱いていました。それに応えるべく訪日外国人や日本人写真家たちが、関東各地で数多くの写真を撮影しました。
横浜のミヒャエル・モーザーは、居留地内のニュース雑誌『ザ・ファー・イースト』と契約し、日本中を取材しました。この章では、同じ被写体を複数の写真家が撮影した写真も展示します。写真が雄弁に語りだす物語を読み解いていくことは、初期写真を鑑賞する醍醐味といえるでしょう。 関東各地で誕生した写真家たちは、地域や公的機関の要請に基づいて写真を制作するようになりました。彼らの仕事は、すべて関東地方で制作された写真であり、関東地方の人の手に伝えられました。そして度重なる戦乱や災害を生き抜き、100年の時を超えて私たちの眼前に存在しているのです。



フェリーチェ・ベアト《江戸三田の綱坂》1863(文久3)年 鶏卵紙 東京都写真美術館



田中武あるいは江崎礼二 《(足場を組んだニコライ教会堂)》 1888(明治22)年  ゼラチン・シルバー・プリント 東京都写真美術館


ミヒャエル・モーザー《東京、浅草》1868-76(明治初)年 鶏卵紙 日本大学藝術学部


玉村康三郎・騎兵衛《東京、上野》 明治中期頃 鶏卵紙に手彩色 東京都写真美術館

主な技法解説はこちら[PDF]

関東各地の写真家たち
【東京】
鵜飼 玉川(うかい・ぎょくせん)…日本人初の写真家として知られる。
【神奈川】
オーリン・フリーマン…日本初の商業写真家。
下岡 蓮杖(しもおか・れんじょう)…長崎の上野彦馬とならび日本の写真開祖の一人。多くの弟子を輩出。
フェリーチェ・ベアト…日本の名勝と風俗を欧米に紹介。
【埼玉】
吉原 秀雄(よしはら・ひでお)…小川一真の師匠。磐梯山の噴火(明治二十一年)を撮影。
【千葉】
豊田 尚一(とよだ・なおかず)…千葉市本町でスタジオを開業し主に肖像を撮影。
【群馬】
小川 一真(おがわ・かずまさ)…富岡製糸場の前で開業。写真印刷で成功し、東京駅開業にむけて鉄道院(のちの日本国有鉄道、現JR)が制作したアルバムを撮影。
【栃木】
片岡 如松(かたおか・ときまつ)…横山松三郎の弟子とされる。横山が肖像を撮っている。
横山 松三郎(よこやま・まつさぶろう)…荒廃する江戸城を撮影し江戸文化の記録を今に遺した
【茨城】
宇佐美 竹城(うさみ・ちくじょう)…下岡蓮杖の孫弟子とされる


宮内幸太郎《第二回全国写真師大会記念撮影》 1911(明治44)年 コロタイプ印刷 東京都写真美術館

□ 主催:東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
□ 協賛:ライオン、大日本印刷、損保ジャパン、日本テレビ放送網