TOP MUSEUM
東京都写真美術館 TOKYO PHOTOGRAPHIC ART MUSEUM

開館時間 10:00-18:00

入館は閉館時間の30分前まで

上映は終日休映です。

本日は開館しております(10:00-18:00)

本日は開館しております(10:00-18:00)

日本語
©2017 Giraffe Pictures Pte Ltd, E&W Films, and A Girl And A Gun. All rights reserved.

ポップ・アイ

1F

2018.10.2711.9

  • 公式ホームページ → http://trenova.jp/popaye/

  • お問い合せ:トレノバ 03-6407-1931
  • 上映期間:2018年10月27日(土)~11月9日(金)
  • 休映日:10月29日(月)、11月2日(金)、11月3日(土)、11月5日(月)
  • 上映時間:13:30/15:50

■料金
当日券:一般1,800円/学生1,500円/シニア・中学生以下・障がい者手帳をお持ちの方1,100円
各種割引: 以下の方は当日一般料金が割引になります。
○ 当館での展覧会、映画の半券持参者(半券1枚につき一回の割引) 1,500円
○ 当館年間パスポート提示(同伴者1名まで) 1,500円
○ (公財)東京都歴史文化財団が管理する施設の友の会会員証・年間パスポート提示 1,500円
○ MIカード(三越伊勢丹グループのクレジットカード)およびMIカードプラス(但し、MIカード(スタンダード)を除く。)提示1,500円
○アトレビューSuicaカード、JREカード提示 1,500円
○ 夫婦50割引(どちらかが50歳以上、お二人揃ってご購入の場合・要証明) 2人で2,200円
○ 当館が発行する映画優待割引引換券(支援会員)持参者 1,500円

©2017 Giraffe Pictures Pte Ltd, E&W Films, and A Girl And A Gun. All rights reserved.

旅は道連れ 世は情け
ゾウと中年男、タイ縦断500キロの摩訶不思議な旅がはじまる!

かつては一流建築家として名を馳せたタナー。今は会社で居場所がなくなり、妻にも相手にされず、人生に疲れきった中年男。ある日、彼はバンコクの路上で、幼い頃に飼っていたゾウのポパイを偶然見つける。居ても立ってもいられなくなった彼は、数十年を経て巨大に成長したポパイを買い取って家に連れ帰るが、妻にキレられる。家庭も仕事も放り出したくなったタナーはポパイと二人で家出をして、かつて一緒に暮らした故郷を目指して長い長い旅をはじめる。道中では、ちょっと間抜けな警官コンビや人生を悟ったホームレス、哀愁漂うニューハーフなど個性豊かな人々に出会っていき…。

ゾウと中年男がタイの国土を縦断するという奇想天外なアイデアを、巧みなストーリーテリング、ユーモアあふれる演出、そして旅情感に満ちた映像で描き出したのは、シンガポール出身の女性監督カーステン・タン。短編が各国の国際映画祭で注目され、CNNの「注目の人物」でも取り上げられた俊英が⾧編第1作に選んだ舞台は居住経験のあるタイ。その時に目撃した“野良ゾウ”のビジュアルに触発されて制作した本作は、シンガポールの名匠エリック・クーに大絶賛され、ワールドプレミアとなったサンダンスで脚本賞を受賞し、大きな話題となる。その後、ロッテルダムやチューリッヒなどの国際映画祭でも高い評価を得る。第30回東京国際映画祭CROSSCUT ASIA部門上映作品。

監督・脚本 : カーステン・タン
エグゼクティブ・プロデューサー : アンソニー・チェン
プロデューサー : ライ・ウェイジー
撮影監督 : チャナーナン・チョートルンロート
美術 : ラーシケート・スックカーン
編集 : リー・チャータメーティクン
音楽 : マシュー・ジェームズ・ケリー
出演 : ボン、タネート・ワラークンヌクロ、ペンパック・シリクン、チャイワット・カムディ、ユコントーン・スックキッジャー、ナロン・ポンパープ

2017年/シンガポール、タイ/カラー/2.35:1/タイ語/102分/原題:POP AYE/日本語字幕:内海千広
配給・宣伝:トレノバ、ディレクターズ・ユニブ

関連イベント

トークショー
2018年10月27日(土) 15:50の回上映後
【登壇者】Soi48(DJ・音楽家)
※予告なく変更になる場合がございます。