本日は開館しております(10:00-18:00)

©映画「痛くない死に方」製作委員会

©映画「痛くない死に方」製作委員会


当館では、新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、体温測定やマスク着用などをお願いしております。

ご来館の前に、必ずこちらをご確認ください。
また、ご来館時に東京版新型コロナ見守りサービスへの登録にご協力をお願いいたします。

『痛くない死に方』、『けったいな町医者』

1F ホール

2021.12.312.16

  • お問い合せ:株式会社渋谷プロダクション shibuyapro@clock.ocn.ne.jp
  • 上映期間:2021年12月3日(金)~12月16日(木)
  • 休映日:2021年12月6日(月)、13日(月)

■上映作品
『痛くない死に方』13:00(1日1回上映)
『けったいな町医者』15:30(1日1回上映)
※12月3日(金)、10日(金)の『痛くない死に方』、『けったいな町医者』上映回はバリアフリー字幕(日本語字幕)付を上映いたします。

■料金
当日券(座席指定券)
○ 一般 1,800円
○ シニア(60歳以上)、学生(大学・専門学校生)、高校生以下(3歳以上)、障害者手帳をお持ちの方(介護者2名まで) 1,100円
※3歳未満のお子様に座席が必要な場合は料金(高校生以下)をいただきます。(保護者のお膝の上でのご鑑賞の場合は無料)

各種割引: 以下の方は当日料金が割引になります。
○ 当館で開催の展覧会、映画の半券提示(半券1枚につき一回の割引) 1,500円
○ 当館年間パスポート提示(同伴者1名まで) 1,500円
○(公財)東京都歴史文化財団が管理する施設の友の会会員証・年間パスポート提示 1,500円
○ MIカード(三越伊勢丹グループのクレジットカード)およびMIカードプラス[但し、MIカード(スタンダード)を除く]提示 1,500円
○ JRE CARD(クレジットカード)提示 1,500円
○ 夫婦50割引(どちらかが50歳以上でお二人揃ってご購入の場合) 2人で 2,400円
○ 当館が発行する映画優待割引券(支援会員)提示 1,500円
※各種割引をご利用の際は証明書をご提示ください。

・全席指定
・各回定員入替制/立ち見不可/事前予約不可
・ご鑑賞当日午前10:00より、当日券の販売および座席指定券の引き換えを開始いたします。
・満席の場合、ご入場をお断りいたしますので、予めご了承ください。
・開場は各上映開始時間の10分前を予定しています。


■上映作品
『痛くない死に方』
©映画「痛くない死に方」製作委員会
©映画「痛くない死に方」製作委員会
©映画「痛くない死に方」製作委員会
©映画「痛くない死に方」製作委員会

第22回上海国際映画祭 招待作品
「病院」か「在宅」か。この映画は在宅医と患者と家族の物語である。
今だからこそ、人はどう死ぬべきなのか、当事者一人ひとりの判断に委ねられるべきであり、そこに自由があってもいいのではないだろうか。在宅医療のスペシャリストであり実際に尼崎市で在宅医として活躍をされている長尾和宏著の10万部売れたベストセラー「痛くない死に方」、「痛い在宅医」をモチーフに高橋伴明監督が完全映画化。いつかは自分の親や自分自身に訪れる終期について考えさせられる、必見の一作が完成した。

■Story
在宅医療に従事する河田仁は、どことなく自分の中に矛盾や葛藤を抱えながらも日々医療現場に邁進していた。そんな時、末期の肺がん患者である大貫敏夫に出会う。敏夫の娘の智美の意向で、入院ではなく「痛くない在宅医」を選択したが、結局、敏夫は苦しみ続けてそのまま亡くなってしまう。「痛くない在宅医」を選んだはずなのに、結局「痛い在宅医」になってしまった。智美は、敏夫をこのまま病院にいさせた方が良かったのか、病院から自宅に連れ戻した自分が殺したことになるのかと、河田を責める。

『痛くない死に方』公式ホームページはこちら→https://itakunaishinikata.com/ <外部>

出演:柄本佑、坂井真紀、余貴美子、大谷直子、宇崎竜童、奥田瑛二
監督・脚本:高橋伴明
原作・医療監修:長尾和宏「痛い在宅医」、「痛くない死に方」(ブックマン社)
製作:内槻朗、人見剛史、小林未生和、田中幹男
プロデューサー:見留多佳城、神崎良、小林良二 アソシエイトプロデューサー:鈴木祐介、角田陸
企画協力:小宮亜里
音楽:吉川忠英 撮影・照明:今井哲郎 美術:丸尾知行 録音:西條博介 編集:鈴木歓
助監督:毛利安孝 制作担当:植野亮
装飾:藤田徹 衣裳:青木茂 ヘアーメイク:結城春香 医療協力:遠矢純一郎、井尾和雄
制作:G・カンパニー
配給・宣伝:渋谷プロダクション
製作委員会:長尾和宏、G・カンパニー、ライツキューブ、渋谷プロダクション、ブックマン社


『けったいな町医者』
©映画「けったいな町医者」製作委員会
©映画「けったいな町医者」製作委員会
©映画「けったいな町医者」製作委員会
©映画「けったいな町医者」製作委員会

家が病室で、町が病棟や――2500人を看取った兵庫県・尼崎市の町医者・長尾和宏の日常に迫ったドキュメンタリー映画
皆さんは、「町医者」「在宅医療」という言葉にどんなイメージをお持ちだろうか? 白衣を着て、美人の看護師を連れて、大きなカバンを持って、なんだか威張っている。……そんなイメージをちゃぶ台返ししてしまう町医者が、尼崎にいた。
好きな物を食べたい。最期まで自宅で過ごしたい。痛くない死に方がしたい。そんな患者さんと、家族の想いを守るために町医者は今日も全力で走る。怒る。泣く。歌う。看取る。下町を舞台に、生と死を見つめる問題作。

本作と同時公開する映画『痛くない死に方』で俳優・奥田瑛二が演じた在宅医・長野浩平役のモデルとなった。ナレーションは、『痛くない死に方』主演・柄本佑が務める。

『けったいな町医者』公式ホームページはこちら→https://itakunaishinikata.com/kettainamachiisha/ <外部>

出演:長尾和宏
ナレーション:柄本佑
製作:人見剛史、内槻朗、小林未生和
エグゼクティブプロデューサー:鈴木祐介、見留多佳城
企画:小林良二
企画協力:小宮亜里
プロデューサー:神崎良、角田陸
監督・撮影・編集:毛利安孝
制作会社:G カンパニー
配給・宣伝:渋谷プロダクション

※事業は諸般の事情により変更することがございます。 あらかじめご了承ください。